ソフトバンク高橋礼3失点「投球に変化をつければ」

<西武4-1ソフトバンク>◇11日◇メットライフドーム

ソフトバンク高橋礼投手(23)が6回5安打3失点で降板した。

3回につかまった。2死満塁から3番森に右翼線へ3点先制二塁打を許した。その後は粘りの投球で追加点を許さず、6回2死一、二塁のピンチも外崎を中飛に仕留めた。

「直球も変化球も調子としては悪くなかった。点を取られてしまった回は、ボール球を使ったりリズムを変えたりして、投球に変化をつければよかった。もう少しチームの力になりたかったし、勝てる投球をしたかったです。」とコメント。しっかりと試合をつくったが、102球、6回、2点のビハインドでの悔しい交代となった。

その他の写真

  • 西武対ソフトバンク 3回裏西武2死満塁、森に3点適時二塁打を打たれる高橋礼(撮影・狩俣裕三)