ドラ1堀田は原監督認める「ジャイアンツフェース」

若大将にそっくり? 巨人ドラフト1位指名の青森山田・堀田賢慎投手(18)が、青森市内の同校で指名あいさつを受けた。緊張から表情をこわばらせながら校長室で対応。すると訪問した長谷川スカウト部長から「若い頃の原監督に似ているね」と言葉をかけられ、思わず白い歯がこぼれた。原監督直筆サイン入りのドラフト会議IDを首にかけ「やっと実感がわいてきました」とフラッシュを浴びた。

小顔にきりっとした目つき。スッと伸びる鼻すじに、時折見せる無邪気な笑顔がまぶしい。若き日の指揮官に似ているとの声に「昔の顔は見たことがないので…」と頭をかきつつ「今もハンサムなので、そう言われてうれしかったです」と口角を上げた。原監督も「ジャイアンツフェースってあるでしょ。きれいな顔をしてるね」とスターの素質を顔から感じ取った。

最速151キロの18歳。これまでバレンタインにもらったチョコは家族、親戚だけ。「モテたことはないです」と野球一筋で巨人のドラ1をつかんだ。目標は160キロと新人王。「顔だけじゃなくて結果も出したいです」。俳優の新田真剣佑好きのイケメンが、右腕で歴史を刻む。【桑原幹久】

その他の写真

  • 巨人1位指名の青森山田・堀田は報道陣の質問に笑顔を見せる(撮影・浅見桂子)
  • 巨人1位指名の青森山田・堀田(中央)は、ドラフト会議の原監督直筆サインが入ったIDを手に、柏田スカウト(左)、長谷川スカウト部長と共に笑顔を見せる(撮影・浅見桂子)
  • 巨人1位指名でスカウトからのあいさつを受けた青森山田・堀田は、学校スローガン「気力・迫力・全力」のボードを背に笑顔でシャドーピッチング(撮影・浅見桂子)