阪神矢野監督「同じ野球観」井上コーチと打線底上げ

阪神矢野監督が井上打撃コーチとのタッグで打力強化を図る。指揮官が3学年上だが中日入団は井上氏が1年先。若手時代に苦楽をともにした間柄だ。それだけに「もともと2軍監督の経験もある。本当に人間味あふれる、寄り添ってくれる。根気よく、親身になってやってくれるコーチだと思う」と信頼感を口にした。

打線の底上げが最大のテーマだ。「課題としてはもちろん、ウチは点を取るのは、今年1年終わってもそう。そこを何とか俺もしていきたい。一緒にやって、同じ野球観でやってくれるのはいまの時点では一番、大きい」と続けた。

その他の写真

  • 阪神大山(中央)の打撃練習を見守る井上新打撃コーチ(右)と矢野監督(撮影・前田充)