中田賢一、虎党ヤジには「耳をパタンと」一問一答

虎の天敵キラーになる! ソフトバンクから無償トレードで阪神に加入した中田賢一投手(37)が29日、西宮市の球団事務所で入団会見を行った。

   ◇   ◇   ◇

-阪神入団の率直な今の気持ちは

今年、ソフトバンクで1年間プレーしたんですけど、なかなか1軍の力になれず。こういう形でタイガースさんに取っていただいて。しっかりとしたプレーをこれからもやっていきたいなと、新たに思いました。

-移籍の話を聞いた時の気持ちは

なかなか1軍で投げられない状態が続いていましたので。またこういう形で呼んでいただいて、何とかこう意外とすぐ、切り替えというか。次に向けて、自分もしっかり頑張っていかなくちゃいけないなという気持ちに。結構、早い段階で切り替えることができました。

-地元福岡を離れる迷いは

「まだ現役をしたい」という気持ちの方が強かったですし、まだ自分の中でも「投げたい」と。「投げられる」と思っていましたので、福岡を離れることに関してはなかったです。

-移籍が決まって、阪神選手に連絡は

まず、福留さんに。中日でもお世話になっていますので、連絡させていただきました。

-どんな言葉が返ってきたか

すごくビックリされていた。「頑張ろうな」というふうに、伝えていただきました。

-アナウンサーの奥さんはタイガースの取材もされた。どんな言葉が

妻はこちらで、仕事でお世話になっていますので。最初に(移籍を)言った時は明るい表情でまず、現役を続けられることに喜んでまして。「阪神さんにお世話になるのは良かったね」と言われました。

-一度、獲得に乗り出したタイガース。印象は

中日で対戦させていただいてたんですけど、球場全体で相手に向かっていくという印象でした。僕も甲子園球場で投げる時は、1勝をもぎ取るのに、すごく苦労して投げていた記憶があります。今年のレギュラーシーズン最後も連勝して、しっかりとした姿を見ていたので。ほんと粘り強いチームだと思っています。

-矢野監督のイメージは

選手一丸となってじゃないですけど、ベンチでもすごく感情を見せるというか。敵でも勝ちにいっている感じを受ける監督です。

-バッター矢野監督の印象は

僕はもう必死に抑えにいっていた状態なので。イメージとしては、外のスライダーをセンターの前に打たれるイメージがあります。

-本拠地甲子園のイメージは

野球の聖地だと思っています。阪神園芸さんの管理がしっかりとなされていて、すごくきれいな球場だと思います。マウンドも何かの記事で見たんですけど、ピッチャーに合わせてちょっと固さとかを変えてくれるという話を聞いてます。すごく投げやすくしていただける球場になるんじゃないかなと思います。

-タイガースで見せたい姿は

まず、チームの力になれるように。まずはそれが一番で。監督、コーチが望むところであれば、先発であろうが中継ぎであろうがどこでも投げたいというふうに思ってます。その気持ちがあります。

-若い投手陣の中で藤川、能見に次ぐ年齢に。役割は

まだ、みなさん選手の顔を見たわけではないので。年齢とかも。まだ分からない状態ではあるんですけど、何とか早くチームに溶け込んで。いろんな方とコミュニケーションが取れるように。やっぱり、何よりもチームでしっかりと仕事をするのが一番ですので。しっかりと自分の調整をやっていきたいとなというふうに思います。

-阪神ファンにメッセージを

来季から阪神タイガースの方で、しっかりとプレーさせていただきます。中田賢一です。矢野監督を胴上げするために。また、ファンのみなさんと一緒に喜べるように。そのためにしっかりと1球、1球投げ込んでいきたいと思います。また、来季からになりますけど、しっかりと声援を頂きたいなというふうに思います。よろしくお願いします。

-オファーを受けた時の心境は

ビックリというか、ありがたいというふうに思いました。(19年はソフトバンクの)1軍で1試合しか投げていなかったですし、何とか投げたいという思いがあったので。

-体の状態は

(19年は)途中、ちょっと張りが出たりして休んだりしたんですけど、それを含めても1年間、全然元気に投げられた。このまま現役を退くことになると、ちょっと自分の中では後悔が残ると思いました。何とか続けたいという思いで、1年間やっていました。

-セ・リーグの打者はテレビで見ていたか

もちろん、見ていました。

-特に対戦したいような、この打者という選手は

僕自身がセ・リーグからだいぶ遠ざかっていますし、実際、正直なところ想像がつかなくて。「僕が投げたら、どうなんだろう」という想像がついていないのが現状。まず、チームの監督、コーチにいいものを見せていかないといけない立場ですので。そこにまずは集中して。2月のキャンプインまでしっかり有意義な時間を過ごして、体を鍛えていきたいなと思っています。

-自分も新人の気持ちで

もちろん、そうです。

-阪神ファンのヤジは楽しみか、それとも恐れているか

両方ですね。あの声援をホームチームとしてマウンドに立つ心境が、まだ全然想像がつかないですし、ものすごいプレッシャーになるでしょうし。勝った時はみなさんも喜んでくれると思いますので本当にプレッシャーのかかるマウンドになってくるとは思うんですけど、その中で自分のいいものを見せられれば。

-ヤジはベテランだから大丈夫か

そうですね…はい。耳を(ふさいで)パタンとしたいと思います(笑い)。集中している時は、基本的にあんまり聞こえなくなるタイプなので。しっかりと集中して投げたいと思います。

-2月のキャンプまでの練習拠点は

まだ、引っ越しとかいろいろやらないといけないので体を動かしながら。来年の開幕のスタートも早いので。(入団)発表の3、4日前までずっと体を動かしていたので少し早めに休みを取って、始動は早めにしたいと考えています。早めに移りたいとは思っていますけど、福岡でも練習すると思いますし。こっちに来て鳴尾浜で調整することにもなると思うので、いつからとは決めていないです。早めには動いていきたいと思います。

-自主トレ先だったグアムは

今回はいろいろ移動とかもありますので。しっかりと日本でやろうかなというふうには考えています。

その他の写真

  • ソフトバンクから移籍入団し会見を行う中田賢一(撮影・清水貴仁)