広島坂倉が新体制1号、打力アピールも盗塁許し反省

広島坂倉将吾捕手が秋季キャンプ初の紅白戦で新体制1号を放った。紅軍の3番として、7回にメナから右翼席への豪快な2ランをたたき込んだ。

紅軍の3番として先発出場し、出場選手ただ1人複数長打を記録。競争激しいポジション争いで持ち味の打力でアピールも「打てたことよりも捕手の反省が出てくる」と盗塁を許し、1失点した守備での課題に表情はさえなかった。