巨人増田「えぐいです」打撃用マシンで守備力強化

巨人の増田陸内野手が7日、川崎市のジャイアンツ球場で行われた残留組の練習で、守備力強化に励んだ。

内野ノックで三塁につくと、相対したのはノッカーではなく、打撃用マシン。地をはうような剛速球がどんどん向かってきた。「えぐいです。めちゃくちゃ速かった。外国人選手が真芯で捉えたような感じ」と驚いたが、「気持ちで捕りにいかないと」と食らいついた。

その後も「体幹を固定して、より足を動かして打球処理できるように」とメディシンボールを両手で抱え、打球を両足の間で通過させる練習を行った。最後には阿部2軍監督からの個別ノックも受けた。「期待されていると思うので、それに応えられるようにもっと練習しないと」と気を引き締めていた。