鈴木大地は熟考重ね楽天移籍「ロッテ愛」不変を強調

ロッテから国内FA権を行使した鈴木大地内野手(30)が楽天へ移籍することが18日、決まった。17日夜にロッテに退団の意思を伝え、この日午前には争奪戦に参加していた巨人に断りの連絡を入れた。

「マリーンズを好きという気持ちは、決してうそではありません。ただ自分の中で、野球選手として、ひとりの人間として大きく成長する、挑戦するという選択、決断をさせていただくことになりました」。

10月28日の権利行使から約3週間。宣言残留を認める球団、巨人を含め行き先を熟考してきた。その間、自身のSNSなどには残留を望む声が多数寄せられ、17日のファン感謝デーの際には「簡単に決められることではない」と心境を吐露。悩みに悩んだ。

ロッテの3年総額5億円超に対し、楽天からは4年総額7億円以上を提示され、熱意を伝えられた。背番号は同じくロッテから楽天に移籍し、今季限りで引退した今江が背負った「8」などの空き番号から選択する。

鈴木は「決断した以上、中途半端にすることなく、まっすぐ、泥臭く、一歩一歩進んでいきたい。日本一の応援、声援、本当にありがとうございました」とロッテファンへの感謝をつづった。

◆FA宣言選手同士のトレードのようになったケース 過去2度あり、11年オフに鶴岡が巨人から古巣のDeNAに、村田が横浜から巨人へ移籍。12年オフには、日高がオリックスから阪神に、平野が阪神から古巣のオリックスへ移籍している。過去はともに捕手と内野手のケースで、投手と野手の「トレード」になるのは今回が初めて。