井口監督、鈴木大地移籍でマルチプレーヤー出現期待

出てこいユーティリティー! ロッテ井口資仁監督が24日、長野・松本市内で行われた野球教室に参加。来春キャンプで、多くの選手に複数のポジションを守らせる構想を明かした。

今季、内野の全ポジションと左翼をこなした究極のユーティリティー鈴木がFAで楽天に移籍。指揮官は「そこに誰かが出てきてくれれば」と新たなマルチプレーヤー出現を期待する。そのためにも「キャンプには外野手にもファーストミットを持ってこさせるつもり。いろんなポジションを守れた方が、われわれも使いやすいし、選手もチャンスが広がるからね」。

外野手に関しては「今年は(岡)大海がやったけど、角中や清田もファーストを守れた方がチームにとってプラスになる」。内野手については「レアードが一塁と三塁。三木や安田もサードとファーストを守れた方がいい」と言及。本職がショートの平沢が、昨季ライトに挑戦したように、多くの選手に複数ポジションに挑戦させて可能性を見極めていく。

その他の写真

  • ロッテ井口監督は野球教室で子どもたちに丁寧に指導する(撮影・鈴木正章)