ドラフト候補のホンダ・小野大夏が広島2軍に好投

<オープン戦:広島2軍4-5ホンダ>◇27日◇天福球場

今秋のドラフト候補に挙がる最速150キロ右腕・小野大夏(だいな)投手(21)が広島2軍戦に今季、初登板。プロを相手に好投し、ドラフトイヤーに好スタートを切った。

5-3で迎えた6回、マウンドに上がった小野は140キロ中盤の真っすぐとフォークを中心に投げ込み、1イニングを1安打1三振で0点に抑えた。

新たな野球が小野をひと回り大きく成長させた。今年から、元巨人の木村龍司氏が投手コーチに就任。さっそく体作りから変化球の質まで教わり「自分のイメージが変わった」と目を輝かせる。これまで小野が武器としていたフォークも質を上げた。「変化球は同じ軌道じゃ意味がない。真っすぐと同じ軌道から入って落ちたら空振りがとれる、と教わったんです」と話す。この日、2人目の打者・林晃汰内野手(21)を、キャンプで覚えたフォークで空振り三振に。「成果がでたところですね」と笑顔を見せた。

木村投手コーチも「まだ少しずつですが、今日は、思った通りのボールを投げてくれていた。広島の選手や、見ているファンの人に、『いい球を投げているヤツがいるな』と思わせたんじゃないかな」と、合格点を与えた。

この日、観戦したDeNAの武居邦夫スカウトは「体が強くなって体重移動がしっかりできている。安定した投球ができるようになりましたね」と好評価だ。

高校卒業時「1年でも早くプロに行きたい」と社会人野球を選んだ。今年、社会人3年目を迎え、まだまだ進化を続けている。「プロは一番目指している場所。頑張っていきたいと思います」と誓った。【保坂淑子】