オリックス宜保が右手有鉤骨摘出手術受けリハビリへ

オリックスは22日、宜保翔内野手(19)が21日に大阪市内の病院で右手有鉤(ゆうこう)骨摘出手術を受けたと発表した。

今後は、数日間の入院の後、患部の状態を確認しながらリハビリ等を行っていく予定。

宜保は高卒2年目の有望株で、オープン戦に12試合に出場。打率3割4分4厘の好成績を残し、開幕スタメンを狙っていた。