43歳阪神福留が決勝点呼ぶ左飛 打率は1割9分

  • 広島対阪神 1回表阪神2死、三飛に倒れる福留(撮影・清水貴仁)

<広島1-5阪神>◇9日◇マツダスタジアム

球界最年長の43歳阪神福留孝介外野手が、今季初の3番に座り決勝点をアシストした。

同点の3回1死二塁で走者を三塁へ進める左飛。直後の大山の適時三塁打につなげた。昨季後半に36試合で出場した打順できっちり仕事。ただ、1死一塁で回ってきた5回の第3打席では広島遠藤の前に二併。無安打に終わり、打率は1割9分まで下がった。