阪神岩崎2軍戦で1回無失点「1軍はいつでも」監督

  • ウエスタン・リーグ オリックス対阪神 8回裏オリックス無死から登板した岩崎優(撮影・渦原淳)

<ウエスタン・リーグ:オリックス3-3阪神>◇12日◇オセアンBS

左肘の張りで2軍調整中の阪神岩崎優投手(29)がウエスタン・リーグ、オリックス戦(オセアンBS)で実戦復帰し、1回無失点で2三振を奪う好投をみせた。

8回から4番手で登板。「真っすぐ中心でいこうと思った」。先頭の3番紅林は外角高め142キロで空振り三振、続く西野はスライダーで二ゴロに打ち取り、松井佑には内角139キロで見逃し三振。三振はともにキレのある直球で料理した。「もうちょっと状態は上がる。全然悪くないです」と言う本人に対し、平田2軍監督は「貫禄のピッチング。故障者扱いじゃないので、1軍はいつでもOK」と昇格へ太鼓判を押した。左腕も「いつでも準備は(できている)」と呼応。セットアッパーの復活は間近に迫っている。