広島森下が阪神戦に闘志「投げ切れれば抑えられる」

  • 広島投手指名練習での森下暢仁(撮影・加藤孝規)
  • 走り込む森下暢仁(撮影・加藤孝規)

広島のドラフト1位森下暢仁投手が阪神戦3連勝を目指す。14日に先発予定の右腕はマツダスタジアムで行われた投手練習に参加。7月31日からカード初戦を託されており、「しっかり投げ切れれば、抑えられると思っている」と冷静に話した。

ここまで阪神戦は2戦2勝。藤浪とは7月23日以来2度目の投げ合いになる。「前回はピレラが満塁本塁打を打ってくれて勝ちがついた。次は0点に抑えるぐらいの気持ちで、どんどん攻めていきたい」と闘志を燃やした。