なぜけん制?詰め甘かった広島/里崎智也ライブ評論

<巨人5-4広島>◇22日◇東京ドーム

元ロッテで日刊スポーツ評論家の里崎智也氏(44)が22日の巨人-広島戦(東京ドーム)をライブ評論した。

  ◇   ◇   ◇

広島はフランスアのけん制悪送球で自滅した格好だ。あそこまで一塁走者を警戒する必要があったのか。あれだけクイックのけん制をするなら、打者に対してクイックでしっかり投げるべき。2死一塁だったので、打者でアウトを取れば延長に入れた。必要以上に一塁走者にこだわったところで、2死三塁となり結局、吉川尚にサヨナラ打を許した。よく粘って同点に追いついたが、最後の場面で救援陣の冷静さという課題が見えた9回の詰めの部分だった。