ソフトバンク大竹が先発定着へ「ヨシノブ直球」習得

ソフトバンク大竹耕太郎投手(25)が、2年連続となった剛腕との自主トレで自信を付けた。22日、ペイペイドームで体を動かした左腕は、20日まで大阪で行ったオリックス山本らとの自主トレ中、自身に「変化球禁止令」を課したことを告白。真っすぐばかりを投げ込み、山本ばりの「伸びる、突き抜ける」ようなボールを習得したという。

直球の品質向上をテーマにして徹底的に追求した。「すぐに変化球に頼ってしまうところがあった。長所かもしれないけど、ストレートを伸ばすという意味では邪魔している。今年はストレートしか投げていない。まだ変化球を全然投げていないです」。平地でのキャッチボールや遠投を中心にひたすら磨いた。「しっかり、思ったように投げられた球は、手元の強さというか、もう1回伸びるような。突き抜けていく感じがあった」。大竹の最速は140キロ台前半。山本とはタイプこそ違うものの、質のいい直球を手に入れた。

昨年は「やり投げトレ」を取り入れ、現在は新たなアイテムで練習中。ホームセンターで購入した太いパイプを使い、体をバランス良く使う動きを身につけようとしている。キャンプに向けては同様のトレーニングを行う目的で「棒高跳びの棒を持っていこうかな」と模索中だ。先発ローテーション定着を狙う4年目は“ヨシノブストレート”で勝負をかける。【山本大地】