nikkansport.com @ mobile

野球

内海発案 杉内さんをトシ兄と呼びます

  • FacebookMessenger
  • TL

 遠慮せず「トシ兄」って呼んで!!

 巨人は30日、宮崎市内での合同自主トレを打ち上げた。3日連続でブルペン入りした杉内俊哉投手(31)は、チームメートとさらに親交を深めるべく「まずはみんなを下の名前で呼べるようにしたい」とし、周囲にも内海哲也投手(29)発案の「トシ兄」と呼ばれることを歓迎した。巨人に移籍してきたFA選手が後輩から「さん付け」以外のニックネームで呼ばれるのは異例。実力実績ともに球界屈指の心優しい左腕が、愛称呼び解禁で投手陣の「兄貴」になる。

 心の“壁”を取っ払うには、シンプルかつベストな方法かもしれない。新天地での合同自主トレを終えた杉内は「徐々に慣れてきたというのもあるけれど、急には慣れないですね」と、ふと本音を漏らした。その上で「ソフトバンク時代のように、みんなを下の名前で呼べるようにしたい」とし、自らは「トシ兄」と呼ばれることを歓迎。先輩後輩関係なく、ニックネームで呼び合って結束を深めたいとの思いを明かした。

 そんな「トシ兄」は、移籍初年度にして合同自主トレ投手陣最年長。自分から積極的に話しかけた方がいいのは百も承知しているが「なかなか行けない性格」と自認する人見知り。さらに「(年が)一番上なので、僕から『どこか行こう』って言ったら断りづらいじゃないですか。それは申し訳ない」という優しさが、遠慮に拍車を掛けている。

 そこで立ち上がったのが、投手陣の柱でもある「テツ」こと29歳内海。宮崎入りした26日、市内の焼き肉店で投手会が開催され、合流初日の杉内に直談判した。

 「『トシ兄』って呼んでいいですか?」

 FA移籍してきた選手は年上で実績十分なことが多く、清原の「キヨさん」など愛称は「さん付け」がほとんど。しかも、杉内のソフトバンク時代の主な愛称は「スギ」という。それでも快く「トシ兄」襲名に応じた。6歳下の東野は「『僕もいいですか』って聞いたら『いいよ』って言ってもらえた」とはにかんだ。1日でも早く、チームに溶け込みたい意欲の表れだった。

 内海は「高木さんが来たときは『タカ兄』になったから。僕が大きい声で言っているから、浸透しているはずなんですけどね」と話したが、実際は内海以外はほとんど呼べていない。合流してまだ5日。背番号18が「トシ兄」と呼ばれ、「トシ兄

 アンド

 テツ」や「トシ兄

 アンド

 ヒロカズ」など、いろんなコラボレーションが実現したとき、またさらに結束が深まった証しとなる。【浜本卓也】

 

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

  1. アニメも何でも…ソフトバンク福田の半端ない対応力
  2. バナナ、トマト、アサイーDeNA東もぐもぐで進化
  3. 中日逆転CSへ相性重視ローテ 残り9戦奇跡起こす
  4. 沈黙の巨人…高橋監督初の会見拒否、左に右8枚不発
  5. 時代が生んだ「たかが選手」/古田敦也7

コンテンツ一覧

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
更新