番付に38年ぶり「横綱大関」白鵬か鶴竜が大関兼任

日本相撲協会審判部は29日、両国国技館で春場所の番付編成会議を開き、横綱が大関を兼ねる「横綱大関」を番付表に記載することを確認した。豪栄道の陥落、引退により、貴景勝の1人大関で西大関が空位となるため。西横綱に就く白鵬、鶴竜のどちらかが、大関を兼ねる。

横綱が力士の最高位となった1909年(明42)以前は大関が最高位で、横綱は大関から選ばれた称号だった。江戸時代から役力士と呼ばれる小結、関脇、大関の東西三役は欠かせない。平幕の成績優秀力士から補うことのできる小結、関脇と違い、大関は昇進条件があるため、不在の場合は横綱が大関を兼ねる。番付表で「横綱大関」と表記されるのは、琴風が1人大関だった82年初場所で西横綱の北の湖が兼ねて以来38年ぶりとなる。