SKE柴田阿弥 選抜総選挙出馬に慎重な構え

 SKE48柴田阿弥(22)が23日、AKB48の選抜総選挙(6月18日開票、ハードオフエコスタジアム新潟)への出馬に慎重な構えを見せた。

 都内で伊勢志摩サミットの関連行事「ジュニア・サミットin三重」(桑名・ナガシマリゾート)の開幕30日前イベントに、同リゾートの広報大使として古畑奈和(19)熊崎晴香(18)と出席。今日から立候補受け付けが始まる選挙について、「総選挙をやることも握手会中に発表されて、ちょうど寝ていて知らなくて(笑い)…考え中です。まだ立候補届を出す期間でもないので、またご報告しようかなと思う」と話すにとどめた。

 柴田は昨年、一昨年と連続で15位に入った総選挙選抜の常連メンバーだけに、動向が注目されるが、積極的な発言はなかった。

 古畑、熊崎はともに立候補を表明した。SKE48は昨年、全グループを通じ最多の27人(兼任メンバー含む)がランクイン。2年連続「第1党」になった場合に希望するご褒美を聞かれると、熊崎は「ナガシマリゾートさんとコラボした曲がほしい」、古畑も「ステージとかやりたいですね」と希望を口にしていた。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング