AKB7年ぶり登場、大雨は柏木のせい?/神宮花火

<神宮外苑花火大会>◇20日◇神宮球場

 AKB48が、09年以来7年ぶりに神宮花火のステージに立った。

 登場前から雨が強くなり、ステージにはテントも設けられたが、メンバーからの要望もあり、テントなしでずぶぬれになりながら、新曲「LOVE TRIP」(31日発売)や「ヘビーローテーション」「恋するフォーチュンクッキー」などヒット曲を並べて、観客を沸かせた。

 グループ内では「雨女」として知られる柏木由紀(25)に、横山由依グループ総監督(23)は「ゆきりんさんという雨女がいまして…」と紹介すると、柏木も「いやいや、こんな大人数まで背負えません」と笑わせた。

 09年に軟式球場のステージにも立っていた渡辺麻友(22)は「おぼれるかと思った」とあまりの大雨に冗談を交えて振り返った。出演後は「雨でみなさんの体も冷えていたと思うので、より熱が入りました」と笑顔を見せた。

 ほか、小嶋陽菜、峯岸みなみ、加藤玲奈、入山杏奈、木崎ゆりあ、高橋朱里、武藤十夢、大島涼花、小嶋真子、岡田奈々、向井地美音、込山榛香、川本紗矢が出演し、出演後は花火を楽しんだ。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング

    更新