暴行被害NGT山口真帆101日ぶり姿「ご心配を」

NGT48の現行体制チームでの千秋楽公演が21日、新潟・NGT48劇場で行われ、昨年12月に男2人か1ら暴行被害を受けたとされる山口真帆(23)が所属するチームGによる夜公演が行われた。

山口にとっては、今年1月10日に出演した3周年公演以来、101日ぶりにステージ。同公演では、冒頭に出演メンバーによる「寸劇」を取り入れているが、「冬眠」していた動物たちの物語を演じ、冒頭から山口も登場し、せりふも発した。周囲のメンバーとも息を合わせながら演じきり、会場からも笑いが起こっていた。

最初のMCコーナーでは「みなさんこんばんは」と、あいさつをリード。「千秋楽公演、始まりました~」と会場に呼び掛け、拍手を浴びると「ありがとうございました」と笑顔でこたえた。自己紹介後のあいさつでは「このたびは、ご心配をお掛けして申し訳ございません」とし「チームGのメンバーになれて良かったなと思っています。最後の公演ですが、思い切り皆さんと楽しんで忘れられない公演にしたいです」と話した。

公演は昼と夜の2部制で、各公演の開演前には劇場支配人の早川麻依子氏(44)が登壇し「結成以来、たくさんのファンの皆さんや地元の方に応援していただきました。今回の事件、事件後の運営の不備により迷惑をおかけしましたこと、大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

今月11日に、現行体制のチームを“解体”することを発表していた。続けて支配人は「このような形で千秋楽を迎えることになって申し訳ございません。でも今はNGTとしてやらなきゃいけないことがたくさんあり、時間もかかります。そのためチーム体制を辞めて、新たな一歩をきるスタートにしたい。チームを大事にしていたファンの皆さんには本当に申し訳ございません」と釈明した。

AKB48は12日に、公式ホームページで「グループ春のLIVEフェス」(27日、横浜スタジアム)でのNGT48の出演メンバーを発表。荻野由佳(20)中井りか(21)ら1期生17人が出演予定だが、山口の名前はなかった。

NGT48を運営するAKSは、山口に対する暴行被疑事件について、3月に第三者委員会による調査結果の説明会を行った。報告書を受けてAKSは「事件そのものにNGTのメンバーが関与した事実はなかった」とメンバーの関与を否定。この会見中に山口はツイッターで反論していた。