日テレ「ラストコップ」再び浮上9・4%

 日本テレビ系「ラストコップ」(土曜午後9時)の12日の平均視聴率が9・4%(関東地区)だったことが14日、ビデオリサーチの調べでわかった。

 「ラストコップ」は10月8日初回が8・6%、2話目7・4%、3話目が8・0%、4話目が9・8%、5話目が7・6%だった。

 12日は、高校の関係者の自宅が襲われる連続強盗事件が発生し、学校内で潜入捜査をしていた京極(唐沢寿明)と亮太(窪田正孝)。そんな中、校長の家に強盗が侵入し、校長が遺体で発見される。また体育館の緞帳(どんちょう)に巨大な数字が残され、新たな犯行予告とみられた。松浦(藤木直人)らは体操部顧問の香澄(芦名星)に事情聴取を行う、という回だった。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング