たけし前妻、資産200億円超の財産分与報道を否定

ビートたけし(72)との離婚が成立した幹子さん(68)の代理人が18日、離婚に関する財産分与の報道について、反論する書面を報道各社に送った。

書面では「(北野)武氏の資産が100億円ないし数百億円もあり、それらの(ほぼ)すべてが幹子氏に分与されたなどという内容がまことしやかに報道されております。上記のような規模の財産が現存するという事実はありませんし、(ほぼ)すべてが分与されたという事実もございません」としている。

また、15日のTBS系「新・情報7DAYS ニュースキャスター」で、たけしが「お金を取られたー」「(残った財産は)家だけ」と発言したことに関しても「当方の認識とはまったく異なります」としている。

「武氏のジョーク、誇張表現を真に受けたような一方的な報道はお控えいただけますようお願い申し上げます」とするとともに、今後も離婚に至った経緯や合意内容については話すことはないとした。

たけしと幹子さんの離婚をめぐっては一部で、たけしの200億円超とされる財産をすべて幹子さんに渡し成立した、などと報じられていた。幹子さんは今回のファクスで、それらの報道を否定した形だ。