瀧被告と交流ある店主の居酒屋は判決公判日も営業

コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)の判決公判が18日、東京地裁で開かれ懲役1年6月、執行猶予3年の判決が言い渡された。

小野裕信裁判官から5分を超える説諭をされ、芸能界復帰に向けても励ましの言葉を受ける異例の展開となった。

   ◇   ◇   ◇

瀧被告が公私にわたって交流のある男性が店主の、東京都世田谷区内の居酒屋は、判決公判のあった18日も通常営業した。瀧被告が経営に関わっていたとされる目黒区のおでん店が逮捕からしばらくして閉店し、世田谷の同店が5月にオープン。

関係者によると、瀧被告は経営に直接は関わっていないとみられるが、瀧被告の好みも踏まえ、故郷の名物である静岡おでんが中心メニューで、店構えやBGMの選曲にも、瀧被告の趣味が反映されているという。