望月歩「主役という場に立ちたくて頑張ってきた」

俳優望月歩(18)の主演映画「五億円のじんせい」(文晟豪監督)の初日舞台あいさつが20日、東京・渋谷のユーロスペースで行われた。

望月は「主役という場に立ちたくて頑張ってきました」と感無量の表情。

桐谷健太や菅田将暉の主演ドラマに出演した経験を振り返り、「主役をされてる方のたたずまいをまねしたいと思っていた。桐谷さんや菅田さんは、すごいわくわくされてる。だからこの現場で一番わくわくしてなきゃな、と思っていました」と話した。しかし実際は「(現場で)全然話せなくて心残りです。いつも、ちょっと仲良くなったかな、というころにクランクアップです」と苦笑いだった。

ほかに山田杏奈(18)が出席。

その他の写真

  • 映画「五億円のじんせい」初日舞台あいさつで、笑顔で記念撮影する左から山田杏奈、望月歩、ムン・ソンホ監督(撮影・酒井清司)