加藤浩次「スッキリ」退社も覚悟発言10・4%

極楽とんぼ加藤浩次(50)が「(吉本興業の)経営陣が変わらないなら俺は辞める」と宣言して話題になった22日放送の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜午前8時)の視聴率が、1部(午前8時~同9時30分)が10・4%、2部(同9時30分~同10時25分)が7・5%だったことが23日、分かった。

前週19日放送は1部が6・7%、2部が5・3%だった。加藤の決意表明に多くの視聴者が注目していたことがうかがえる。

加藤は司会を務める同番組の中で、吉本興業から契約解消処分となっていた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に行った謝罪会見について言及した。さらに翌21日にダウンタウン松本人志(55)がフジテレビ系「ワイドナショー」の中で「会社が、変わらなければいけない。岡本社長に会見させなければ、この会社がダメになる」などと話していたことについても触れた上で「若手は、会長、社長を怖がっている。そんなんで楽しい笑いができるのか。そんな状態がずっと続いてきた。みんな我慢してきた。取締役が変わらないなら俺は辞める。経営陣が変わらないなら俺は辞める」と強い口調で、同社岡本昭彦社長と大崎洋会長の辞任を強く求める発言をしていた。