小瀧望「見事にはまった」自画自賛のキモかわいさ

ジャニーズWEST小瀧望(23)が21日、都内で、主演するNHK「決してマネしないでください。」(26日スタート、土曜午後11時30分)の会見に共演の馬場ふみか(24)ジャニーズJr.のラウール(16)と出席した。

科学好きで、興味のあることにだけに没頭する変わり者の大学生の恋を描く。

小瀧は「本読みの時、キモかわいいがテーマと言われた。なにぶん、ジャニーズなので、キモくやれるかなと思ったんですが、1話を見て見事にはまってました」と自画自賛した。また「連続ドラマ初主演作品ですが、こんなに振り切ったラブコメをやると思っていなかったが、楽しく演じられたと思う」と語った。

ラウールは「普段、キラキラしている小瀧君と美人の馬場さんが、ここまでイモっぽくなるとは、という面白さを感じた。キモかわいさがグッときた」と語った。

小瀧とラウールは共演の感想も紹介。小瀧は「ラウールは現場の人気者。ラウールがいるだけで現場が和んだ。みんなの弟、みんなのラウールという感じ。あとはよくねます。だからクランクイン前は183センチの僕の方が身長が高かったけど、睡眠のおかげか2カ月くらいで抜かされた。かわいい弟という感じ」と語った。

一方のラウールは身長185センチになったそうで、小瀧については「かわいいお兄ちゃんと思った。膝の上に急にねてきたりとか、かわいらしくて、そっちこそという印象です」と笑った。

馬場は、重さ8キロの消火器を使うシーンがあるとし「結構な重量で何回も使いました。消火器を持つシーンが勇ましいと言ってもらえました」と語った。