「タメ口」で炎上、異彩放つYOSHIの素顔に迫る

  • ポーズを決めるYOSHI(撮影・鈴木正人)
  • ポーズを決めるYOSHI(撮影・鈴木正人)

歌手、モデル、役者、アート…。さまざまな分野で異彩を放つ17歳がいる。YOSHI。バラエティー番組に出れば、基本“タメ口”で自由な振る舞いから、ネットはたびたび炎上。一体どんな人物なのか…。20歳違いのアラフォー記者が素顔に迫った。【大友陽平】

   ◇   ◇   ◇

「今日はよろしくお願いしまっす! スポーツ新聞、知ってますよ!!」

ハイテンションなYOSHIに少々面くらいつつ、奔放な振る舞いやそのコミュニケーションの裏側にあるルーツを、早速かいま見せてくれた。

「テレビはあまり見ないけど、ニュースだけは唯一見るんです。ただ基本的に、僕は人と会って情報を得ることが多い。縦の情報より、横の情報を大切にするんです。単純に人と話すのが好きだし、人と人とがコネクトしていかないと、感情って伝わらない。だから今は(コロナ禍で)外に出られないんで、ふざけんなコロナ! って感じですよ」

イマドキの10代は、積極的にLINEやインスタグラムなどSNSを駆使してコミュニケーションをはかるのが当たり前のように思えるが…

「LINEも基本、電話しかしないですし、同年代とはまったく合わない(笑い)。一番友達が多いのは30代とかです」

小学生の頃、大好きだったミニ4駆の大会に出るうちに、年上の大人と付き合う機会が増えた。ファッションや音楽に目覚めたのも、そこで生まれた人と人とのつながりからだったという。

「ファッションは、その知り合いがいいブランドの服を着ていて、自分のことを表現できるのってすごいって思ってのめりこんだのがきっかけ。音楽も同時期に古着屋の人にいろいろ教えてもらって。音楽を好きになると、アーティストが着ている服が気になって…の繰り返しです」

13歳の時に、ファッションブランド「OFF WHITE」のベルトを首に巻いて店舗に訪れた時に、デザイナーのヴァージル・アブロー氏と出会った。同氏のインスタグラムにツーショットが掲載されると、自身のインスタグラムのフォロワーが1万5000人にふくれ上がり、ファッションショーなどに出演するようになる。注目され、芸能事務所からの所属オファーも相次いだ。「しっかりビジネスができるように1回ちゃんと見て…」と当時から先を見据えていた。

自らを「ナルシシスト」といい、壮大なロマンも思い浮かべる。“タメ口”なのも気にならないくらい信念がある。

「大人になってランボルギーニに乗りたい! っていう人は同世代であまりいないけど、超すてきなことじゃないですか? 生意気だって言われるけど、ならば頑張って働いて乗ればいいじゃん! ってことを伝えたい。みんな年齢は関係ないし。自分は03年に生まれたくて生まれたわけでもないし、みんな同じ人間。社会としての決まりを分かった上でのこのキャラなら問題ないと思うし、人に対してのリスペクトがあれば、何でもいいと思うので」

最新曲「VOICE」はパナソニックのワイヤレスイヤホンのCMに起用されるなど、マルチな活動が評価されており、3日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」にも出演した。

「音楽は、今が頑張り時。すごくロマンがあることが好きなんですけど、優先順位として、人の笑顔とかお金では買えない感情が上にある。歌声を聞いてもらって、『ヤバいね!』って言ってもらえるのがすごくうれしい」。

昨年、映画「タロウのバカ」で俳優デビューし、Abema TVの「僕だけが17歳の世界で」にも出演した。

「役者も楽しいですよ。今の俳優さんって憑依(ひょうい)する方が多いですけど、僕はそのまま。例えばキムタク(木村拓哉)さんがドラマで着るとはやるとかあるじゃないですか? 今、なかなかそういう人はいないですよね。カルチャーを分かっていたら、ファッションって絶対100%似合う。そんな存在になりたい」

インタビュー中、17歳として等身大の今の思いも明かしてくれた。「今、会ってみたい人は?」と質問した時だった。

「本当の自分に会ってみたい…かな。今、僕自身は壁に当たっていて、努力しないといけない瞬間だと思っています。周りからはポジティブと言われるんですけど、まっとうなネガティブだと思ってて…(苦笑い)。あ、これメディアで初めて言うな(笑い)。ポジティブに見せてるけど、本当の自分に近づけば近づくほど怖くなる。でも、その本当の自分に出会ってみたい。自分に憧れているんで。もっと向き合わないといけない時期です」。

当面の目標は「25歳までに年収100億円」。それも1つのスタートという。

「欧米のマーケットとか…全米で誰もが知ってる日本人になりたい。まずそこまでいって、年収100億までいって、俺の言葉で日本の唯一無二な文化を、全力で海外に発信したい。日本ってどこの国より魅力的。0から1にするというか、それを引き出す、最初の人になりたい!」

そう話す目の輝きに、ひたすら圧倒された。

◆YOSHI(ヨシ)2003年(平15)2月26日、広島生まれ、東京育ち。父が香港人で、母が日本人。13歳の時、ファッションブランド「OFF WHITE」のデザイナー、ヴァージル・アブロー氏と出会い、インスタグラムで話題となりファッションショーなどに出演。昨年5月にアルバム「SEX IS LIFE」で歌手デビューし、同9月、映画「タロウのバカ」で俳優デビュー。アート作品の創作活動も行う。