佐藤友祈「金メダルで初めて世界王者」パラスポ大賞

  • 日本スポーツ賞のパラスポーツ大賞の佐藤(右)はトロフィーを受け取る(撮影・浅見桂子)
  • 日本パラスポーツ大賞の佐藤(中央)はあいさつする(撮影・浅見桂子)

第69回日本スポーツ賞と第4回日本パラスポーツ賞の表彰式が17日、都内で行われた。

日本パラスポーツ賞の大賞には陸上男子の佐藤友祈(30=WORLD-AC)が選ばれた。昨年11月の世界選手権の男子1500メートルと男子400メートル(ともに車いすT52)で金メダルを獲得した佐藤は「とてもうれしく思います」と笑顔を見せた。

東京パラリンピックでは自身が持つ世界記録の更新と金メダルを目標とする。リオデジャネイロ・パラリンピックでは銀メダル。その雪辱へ向けた思いは強い。「世界記録を更新し、金メダルをとって、初めて世界王者と言えると思っている。リオでは銀メダルに終わっている。その悔しさは金メダルだけでは晴らせない。世界記録を更新し、自分の持っている記録を打ち破りたい」と話した。