セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

中島存在感◎も得点力不足の課題続く/セルジオ越後

<キリンチャレンジ杯:日本0-1コロンビア>◇22日◇日産ス

選手交代は勝つためではなく、経験させるためのものだったのかな。球をつなぐ選手が入っても、得点できなかった。その時間帯、リードする相手は引いて、ペナルティーエリアで待っていただけ。日本はその前でボールを回させてもらい、よく見えただけだ。

日本対コロンビア 後半、競り合う中島(右)とロドリゲス(撮影・横山健太)
日本対コロンビア 後半、競り合う中島(右)とロドリゲス(撮影・横山健太)

香川も内容はかつてと代わり映えしなかった。パスして動く、の繰り返しで、試合をひっくり返す結果は出せなかった。もう少しインパクトが欲しかった。鈴木の交代というのも微妙。1トップを代えたかったのか、香川と南野の組み合わせを試したかったのか?

試合全体でも得点力不足というアジア杯の課題は克服できなかった。チャンスはあっても崩せない。シュート数は多くても、ペナルティーエリア外から、枠を外れたものばかりで、相手GKを脅かせなかった。

そんな中、光ったのは中島だ。相手にも存在を意識させていたし、アジア杯で彼の不在が大きかったことを印象づけた。もう1つの救いはコロンビアが層の厚いメンバーで臨み、試合運びのうまさを見せてくれたこと。こういう相手との対戦を繰り返してほしい。(日刊スポーツ評論家)

 ◆セルジオ越後(せるじお・えちご) 1945年7月28日、サンパウロ生まれ、日系2世。18歳で名門「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍しブラジル代表候補にも選ばれる。72年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多い。

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

    更新