札幌キム・ミンテ「堅くて強い」古巣仙台を警戒

 熊本で2次合宿中の北海道コンサドーレ札幌は22日、熊本県大津町内で、攻守に分かれての練習のほか、非公開で紅白戦やフォーメーションの確認を行った。今季ベガルタ仙台から移籍したリオ五輪韓国代表のMFキム・ミンテ(23)は、古巣との開幕戦を3日後に控えて「みんなが思っているより、仙台は堅くて強いチームだと思う」と警戒。「チームのために何ができるか、どうしたら勝てるかを考えたい」と話した。

 練習でも、仙台を想定した取り組みが増えてきた。「仙台は、経験があって、技術を持っている選手が多い。守備ではまってしまうと、厳しい試合になってしまう」と予想する。

 攻撃参加が大好きなボランチだ。仙台時代は「ずっと競争の中でやってきた」。札幌でも、その状況は変わらない。ボランチにはMF宮沢や深井、稲本がおり、同じく攻撃的なスタイルでプレーできるMF兵藤もいる。「相手が仙台だからというより、札幌に移籍して初めての試合なので、自分のスタイルでいいパフォーマンスを見せたい」と、意気込みを口にした。【中島宙恵】

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

    更新