福田正博氏、プロ入り後成長のきっかけはオフト氏

名アスリートが一流の技術と経験を伝える「VICTORYスポーツ教室」(主催・日刊スポーツ新聞社ほか、協賛・トンボ)が21日、宮崎・日南学園高校で開催され、サッカー元日本代表の福田正博氏(52)が、講演会と実技指導を行った。

福田氏は同学園の高校生500人、中学生120人を前に講演。小学校時代の恩師がサッカー人生のスタート地点になったエピソードを皮切りに、プロになった後のオフト監督との出会いがサッカー選手として成長させてくれた、と話した。そして「苦手なことを克服するのではなく、まず自分の得意なことを見つけて、そこを伸ばす努力をしよう。他人の意見を素直に聞くことや日々を笑顔で過ごすことが、運を引き込むことにもつながる」と続けた。

講演会後には、近隣の日南総合運動公園に移動して実技指導。サッカー部レギュラー組に“止めて蹴る”の基本を手始めに、シュートに至るパスをもらうための体の向け方などを熱心に指導した。