J3藤枝U18始動「1人でも多くトップに」瀧監督

J3藤枝MYFCに今季発足したU-18(18歳以下)チームが、新たな1歩を踏み出した。

22日に焼津市内のグラウンドで始動。ジュニアユースから昇格した2人にセレクション合格者8人を加えた新高校1年生10人の1期生が、初練習に臨んだ。ジュニアユースの選手を含めた22人で、基礎やシュート練習、4対4など約1時間半の調整に励んだ。

初日を終えたイレブンは、充実した表情で汗を拭った。六合中出のGK火物玲恩(ひもの・れおん)は「部活とは違ってGKコーチの指導が受けられるし、シュートの威力も違った。楽しかった」と目を輝かせた。掛川西中出のMF中村圭秀(けいしゅう)も「みんな技術が高く、自分も頑張ろうと思った」と、声を弾ませた。

ユースチームの保有は、トップチームのJ2昇格条件にもなる。藤枝東高出の瀧利明初代監督(65)は「J2を目指す上で必要なことだし、1人でも多くトップチームに上げたい」と、後押しを誓う。チームは中部地区3部リーグからスタートし、初の公式戦は5月を予定。ジュニアユースから昇格のDF大野龍也は「自分たちが3年になる時には全国大会に出場したい」と、意欲を示した。【前田和哉】