本田圭佑「教育が最も大事」誹謗中傷について持論

ブラジル1部のボタフォゴに所属するMF本田圭佑(33)が25日、ツイッターで「誹謗中傷するのは本能やから」「だから紛争をなくして平和を実現したり、いじめをなくしたりする為には教育が最も大事だと思うんです」(原文ママ)とつぶやいた。

本田はSNS上での誹謗(ひぼう)中傷について、ツイートを続けている。

23日には「『誹謗中傷をする人へ』弱い人を狙うな。誹謗中傷はやるなって言ってもなくならないし、なのでやってもいいからちゃんと強い人を狙うこと。『結論』俺んところに来い。そして末長く誹謗中傷のプラットフォームとして使用してください」と訴えていた。

誹謗中傷を容認しているわけではなく、「本能」などとするその根拠については、スマートフォンなどを通じた音声コンテンツの定額制配信サービス「Now Voice」(ナウボイス)でも語っている。