吉田開幕戦はCB ユーベCロナといきなり対峙

  • 20-21セリエA全20チームと主な日本人選手

イタリア・セリエAは19日(日本時間20日)に開幕する。日本代表の主力センターバック(CB)2人が今季も「カテナチオ(かんぬき)」と呼ばれる堅守が伝統の国でプレーする。開幕節でDF吉田麻也(32)の所属するサンプドリアは敵地で10連覇を狙う王者ユベントスと対戦。DF冨安健洋(21)のボローニャはACミランとのアウェー戦に臨む。

サンプドリアの吉田は今季も守備の中心として期待される。開幕前の練習試合では中盤で出場し、マルチな能力を示したが、イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトによると、王者ユベントスとの開幕戦は本職のCBで先発する見込み。相手エースFWロナウドといきなり対峙(たいじ)することになる。今季のチームは189センチの日本代表DFを含め、190センチ前後の長身選手が10人。攻守両面でハイボールには絶対の自信を見せる。