チアの木曜日

「町田の憧れのお姉さん」フットサルチアFiore

フットサルFリーグのASVペスカドーラ町田のチアが「Fiore(フィオーレ)」だ。トップチームとユースチーム、チアダンススクールの総勢約180人が東京・町田市を拠点に活動している。ホームのラスト3試合は全員が登場し、ピッチがチームカラーの黄色に染まる。

フィオーレは「町田の憧れのお姉さん」として活動している
フィオーレは「町田の憧れのお姉さん」として活動している

フィオーレは2007年、Fリーグ発足とともに創設。同リーグでは最古参のチアチームだ。運営する「レアコーポレーション」代表取締役の藤島紀子さんは「それまではフットサルにチアという概念がなかったんです。どうやって応援していいのか、答えがないままスタートしました」と振り返る。アメフトXリーグのチア出身の藤島さんは、試行錯誤しながら独自の応援スタイルをつくり上げていったという。

フィオーレの応援の特徴は、10人のメンバーと子供たちが一体になったパフォーマンスだ。町田市にはフィオーレの下部組織として、ユースチーム(ブレイズ)とチアダンススクールがあり、ホームの試合では幼稚園児や小学生、中高生がダンスを披露する。

藤島さんは「普段の試合は子供たちが交代で出演しますが、最後の数試合は全員でピッチを埋め尽くすのが恒例なんです。会場がペスカドーラのチームカラーの黄色に染まります」。子供たちのチアを見に来た家族にフットサルを好きになってもらい、競技の人気向上につなげたいという思いもあるそうだ。

子供たちにとって、フィオーレのメンバーは「町田の憧れのお姉さん」のような存在だという。リーダーの赤星夏希(21)は「私もユース出身で、中学生の頃からフィオーレに憧れていました。夢がかなって本当にうれしい。お客さんと選手の懸け橋になれるように、盛り上げていきたい」と話した。

子供たちもピッチで応援する
子供たちもピッチで応援する

◆Fiore(フィオーレ)10人のメンバーは学生、社会人で、週に1度集まって練習している。衣装は昨季までロングパンツだったが、今季からワンピースに替えた。

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング

    更新