バスケW杯予選、渡辺雄太ら予備登録24人発表

  • FacebookMessenger
  • TL

日本バスケットボール協会は3日、19年W杯アジア2次予選のカザフスタン戦(13日、カザフスタン)、イラン戦(17日、大田区総合体育館)に出場する日本代表の予備登録メンバー24人を発表した。最終メンバーの12人は各試合の前日夜に決定する。

アジア2次予選には6チーム×2組の計12チームが出場する。各組上位3チームと、各組4位チームのうち成績上位のチームの合計7チームがW杯への出場権を手にする。

代表メンバーは以下の通り。ブラウン・アイラ(36=琉球ゴールデンキングス)、太田敦也(34=三遠ネオフェニックス)、竹内譲次(33=アルバルク東京)ファジーカス・ニック(33=川崎ブレイブサンダース)、古川孝敏(30=琉球)、篠山竜青(30)、辻直人(28)、鎌田裕也(28=ともに川崎)、比江島慎(28=ブリスベン・ブレッツ)、熊谷尚也(27=大阪エヴェッサ)、宇都直輝(27=富山グラウジーズ)、田中大貴(26=A東京)、西川貴之(26=シーホース三河)、張本天傑(26=名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)、富樫勇樹(25=千葉ジェッツ)、ベンドラメ礼生(24=サンロッカーズ渋谷)、渡辺雄太(23=メンフィス・グリズリーズ)、馬場雄大(22=A東京)、中村太地(21=法大)、平岩玄(20=東海大)、八村塁(20=ゴンザガ大)、渡辺飛勇(19=ポートランド大)、田中力(16=IMGアカデミー)、八村阿蓮(18=東海大)。

  • FacebookMessenger
  • TL