萩野公介が体調不良で欠場、血液検査は異常なし

16年リオデジャネイロオリンピック(五輪)男子400メートル個人メドレー金メダル萩野公介(24=ブリヂストン)が17日、大会最終日を欠場した。16日に精彩を欠いた同種目の予選後に寒けを訴えて、決勝を棄権。都内の病院で血液検査を受けて異常はなかったが、休養をとった形だ。

平井コーチはこの日、萩野とメッセージをやりとり。萩野から「昨日よりも体が楽です。(4月の)日本選手権は(代表)選考だから気持ちが入ると思います」との返信を受けたという。平井コーチは体に問題がないことに安心しつつも、いい練習内容が試合で出ないことが続いていることを不安視。メンタル面も含めて「何かきちっとこうすれば、という解決策がないと」と指摘した。明日19日からスペイン高地合宿に出発予定だが「もう少しコミュニケーションが必要かな」と話し合う考えを示した。

その他の写真

  • 萩野公介(2018年4月6日撮影)