錦織今季終了きょう右肘手術 五輪はあきらめず

男子テニスの錦織圭(29=日清食品)のマネジメント会社は21日、錦織が負傷していた右肘の手術を22日に受けると発表した。

日本テニス協会は21日に男子国別対抗戦デビス杯決勝(11月18日開幕、マドリード)の日本代表メンバーを発表。錦織は右肘のケガで代表入りを辞退し、今季終了となっていた。これで錦織は、20年東京オリンピック(五輪)に出場する資格である代表戦回数を満たせなくなった。日本協会と錦織の所属事務所であるIMGは、出場資格の例外規定を国際テニス連盟に申請する予定だ。例外規定には、ケガ、世界ランクが急上昇した新星、代表戦への貢献度などがある。錦織は開催国のエースであり、リオデジャネイロ五輪銅メダリストのため、例外規定が適用される可能性は高い。

◆デビス杯決勝日本代表 西岡良仁(ミキハウス)、内山靖崇(北日本物産)、杉田祐一(三菱電機)、ダニエル太郎(エイブル)、マクラクラン勉。

その他の写真

  • 錦織圭(2019年5月撮影)