日大ラグビー部が無期限活動停止 部員の大麻容疑で

東京都渋谷区の路上で大麻を所持したとして、警視庁原宿署が大麻取締法違反(所持)の容疑で、日大ラグビー部員の樋口弘晃容疑者(21)を逮捕したことを受けて、日大ラグビー部が20日、公式HPで活動の無期限停止を発表した。

「弊部部員の不祥事のお詫び」として、「この度、日本大学ラグビー部員が法令違反により逮捕されたことについて、心よりお詫び申し上げます。今後の警察の捜査に全面的に協力するとともに、当該部員に対しは、捜査の状況を踏まえ厳正に対処いたします。今回の事態を重く受け止め、活動を無期限停止とし、日々の運営と指導を根本から見直し、皆様の信頼を1日でも早く回復できるよう再発防止に向けて全力で取り組んでまいります。捜査中のため詳細は公表いたしかねますが、ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。最後に、これまで応援いただきました多くの皆様の信頼と期待を裏切る事態となりましたことに、重ねて心よりお詫び申し上げます」(原文のまま)とコメントした。

逮捕容疑は18日夜、渋谷区の路上で大麻を所持した疑い。警察官が不審な様子に気付き、職務質問して発覚した。原宿署によると、容疑を認め「自分で使っていた」と供述している。同署は20日午前、東京都稲城市のラグビー部の寮を家宅捜索し、入手経路などを詳しく調べている。