八村塁「チーム一丸」W杯アジア1次予選振り返る

バスケットボール米NBAウィザーズの八村塁(22)が19日、日本バスケットボール協会(JBA)の公式ユーチューブで配信された「19年W杯アジア1次予選」を振り返る動画に登場した。

フルゲームで配信された18年6月29日のオーストラリア戦は八村の代表デビュー戦だった。格上のオーストラリアに79-78と1点差で劇的勝利。予選4連敗で崖っぷちに立たされていた日本を救った。

その後8連勝でW杯21年ぶりの自力出場を決め、開催国枠での東京五輪出場を確実にした。チーム最長の30分46秒出場し、24得点だった八村は「あと1試合負けたらW杯に出られないというプレッシャーの中、チーム一丸となり、みなさんの応援で勝つことができた」と振り返った。