ヴォレアス入団の越川優、ビーチ東京五輪は心変わり

  • 入団会見を行ったヴォレアス北海道の越川はサーブポーズを見せる(撮影・保坂果那)
  • ヴォレアス北海道に入団した越川(左)は練習でスパイクを打つ(撮影・保坂果那)

バレーボール男子Vリーグ2部のヴォレアス北海道に入団した08年北京オリンピック(五輪)日本代表の越川優(36)が3日、旭川市内で入団会見を行った。「まずはVリーグ1部昇格がチームとしての目標。それを果たすためにも自分の力を発揮していきたい」と意気込みを語った。

何か手助けしたいという思いで、クラブの池田社長へSNSで直接メッセージを送ったことがきっかけ。3月に開催予定だった1部2部入れ替え戦が新型コロナウイルスの影響で中止となり、昇格のチャンスを失ったクラブの動向に注目していた。17年からビーチバレーに転向していたが、アウトサイドヒッターを補強ポイントとして考えていたクラブからオファーを受け、決断をした。

室内だけでなくビーチバレーも競技を続行する意向だが、1年延期された東京五輪へは「目指すか目指さないかで言えば、わかりません」と、心境の変化を認める。世界を知る男は「このチームが将来的に日本一、世界一を目指すための役割を果たす」と力強く約束していた。【保坂果那】