池江「泳ぐの楽しいなあなんて…」喜びかみしめる

白血病からレースに復帰した池江璃花子(20=ルネサンス)が19日、自身のツイッターを更新した。「毎回の練習で、水泳好きだなあとか、泳ぐの楽しいなあなんて、泳ぐ度に思っているのは、もう完全に水泳オタクだと思う」と記した。

池江は、日本学生選手権(10月1~4日、東京辰巳国際水泳場)第1日の女子50メートル自由形に出場する見込み。1年7カ月ぶりの復帰レースとなった8月29日の東京都特別大会では「第2の水泳人生の始まり」と口にして、涙を流した。

昨年2月から10カ月の入院生活を送った。今年7月の練習公開では「入院中はまだプールに入らなくていいかなと思ったけど、1年待ち望んだプールに入るとうれしかった。病気の前は当たり前だったけど、できるようになって幸せを感じる」。日々、泳ぐ喜びをかみしめているようだ。