速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ

共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ おすすめコンテンツ MLBへ PDF号外へ プレゼントページへ 本日の占いへ 映像へ 新聞購読へ
サイト内検索
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
芸能TOP
シネマ
占い
インタビュー
イベント/チケット
黛まどか
TV全国番組表
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
芸能タイトル

  インタビュー<日曜のヒロイン>
日刊スポーツ(東京本社発行分)のバックナンバーを
希望される方は→こちらをご覧ください
第377回    高島彩  
2003.08.31付紙面より

高島彩
写真=花びらのネールアートがキュートな笑顔とマッチしている高島彩アナウンサー
(撮影・宮川勝也)

北極星と会話する

 愛くるしいルックスと絶妙なツッコミで茶の間の好感度は高い。「アヤパン」の愛称で知られるフジテレビ高島彩アナウンサー(24)。両手でハートマークをつくるブリブリの決めポーズが人気となったが、競馬、マージャン大好きという一面も。父の俳優、故竜崎勝さんが出演していたフジテレビに入社したことを「運命」と言う。


フジ朝の司会

 正午、高島は東京・台場のフジテレビのインタビュー室に元気よく姿を見せた。現在、朝の情報番組「めざましテレビ」(月〜金曜、午前5時25分)で司会を務めている。この日起きたのは午前2時。すでに10時間が過ぎて、本人にとっては“夕方”のはずだが、番組と同じさわやかな笑顔だった。愛称の“アヤパン”は自分の名前を冠にした深夜の生トーク番組「アヤパン」から。首をかしげハートマークを両手でつくる決めポーズが人気を呼んだ。

 高島 “アヤパン”と初対面の人に呼んでもらえるのは、うれしいです。番組ではゲストの方といろんな話ができて、楽しかったです。深夜のバラエティー番組だから、笑いが起きないと安心できなくて。ゲストの方との間や沈黙が怖くて。どうしたら笑ってもらえるんだろうって考えながら話しているうちに、どんどんドツボにはまって、嫌な空気が漂うんです。盛り上がらずに終わってしまうこともしばしば(笑い)。勉強させてもらった深夜でした。

 人気女子アナの“宿命”だが、最近は週刊誌にもよく登場している。人気ジョッキーとの恋のうわさ、同期女子アナ3人との忘年会の一部始終などが報じられた。

 高島 そうそう、あの忘年会は恋の話なんかで盛り上がって。3人で会うのも久しぶりだったんです。でも、その後アナウンス室の室長から「高島くん、ちょっと」って呼ばれました。「お願いだから、個室をとってくれ」って(笑い)。でも、個室のあるお店って高いじゃないですか。会社員だからそんなお金ないですよ〜。これからはちょっと気をつけますけど。まあ忘年会の記事は、事実そのままだから大丈夫。全然問題ないです。

 「大丈夫」「全然問題ない」の発言を横で聞いていた広報担当者の顔が少し引きつったように見えた。一方で、過熱するプライベート報道には許せないこともあるという。

 高島 事実を伝えるのは、マスコミとして問題ないと思うんです。でもすごく作文が好きな人もいるんですよね。「お見合い合コンした」とか「1500万円のベンツに乗っている外資系の35歳会社員と交際!?」とか。もう、実際会わせてほしいくらい。最近は母親から携帯電話に連絡が入るんですよ。「彩ちゃん、家の前に誰かいるわよ」って。


5歳の時に…

 父親は俳優の故竜崎勝さん。俳優座養成所時代に栗原小巻(58)原田芳雄(63)地井武男(61)らと「花の15期生」と呼ばれ、NHKの大河ドラマ「山河燃ゆ」、朝の連続テレビ小説「雲のじゅうたん」などに出演した。84年12月、肝硬変で44歳の若さで亡くなった。

 高島 私が5歳の時になくなったんです。父の記憶はほとんどないんですよ。母が話したことを勝手に映像化して頭に残しているだけで。でも父親がいなかったことで、つらい思いをしたことがないんです。母がそれを感じさせないぐらいカバーしてくれていたんだと思います。母のおかげで、嫌な思いをしないで生きてこられた。感謝の気持ちでいっぱいです。

 竜崎さんは、同局の長寿番組「くいしん坊!万才」の2代目リポーターとして、77年4月〜78年12月に出演した。それだけにフジテレビ入社には、特別な思いがあった。

 高島 小さいころから、お父さんは星になったって信じていたんです。今でも北極星を見つけるのが習慣で、困った時の神頼みですね。勝手にいろいろと話しかけています。就職活動中もテレビ朝日の3次面接試験の帰りに北極星を見て、「お父さん受かっているといいな」って話していたんです。その2秒後に、フジテレビから内定の電話が鳴ったんです。テレビ朝日の前で「フジテレビ受かったよ〜」って大騒ぎしました。フジテレビに入社したことは「運命」かもしれないかな。

 もともとは記者志望だった。大学時代に、出版社でアルバイトをした経験があり、書く仕事に興味を持っていた。アナウンサーになったきっかけは、3歳年上の兄の知り合いだったフジテレビの先輩、深沢里奈アナウンサー(28)のひと言。

 高島 「彩、受けなよ」って深沢さんが大学3年生の夏にフジテレビのアナウンススクールのパンフレットをくれたんです。でもいざ受講してみると、想像以上に難しい。さらに3分間のフリートークがあって、全く話せない自分に気づいたんです。みんな、華やかな雰囲気できちんと自分を伝えられるのに、私はひどい。問題外でしたね。こんなにも自分が表現できないのかって、意外な発見に驚きました。あのとき、フリートークで上手に自分の気持ちを伝えることができていたら、アナウンサーになりたいって思わなかったと思いますよ(笑い)。失敗したからこそ、アナウンサー。


特殊能力デス

 失敗や悔しさを自らのパワーに変えてきた。モットーは「ポジティブシンキング」。フジテレビのホームページにある高島アナの「私のヒストリー」欄には「頑張って楽しく生きてきた」と書かれている。

 高島 よく言われるんですよ。「あなたって楽しそうね」って。落ち込むこともあるんです、本当に。寝る前は、1日の出来事が駆け巡って。でも自分が持っている一番強いものは、ポジティブシンキング。そして忘れっぽいところ。これは人間に与えられた特殊能力なんですって。だからフル活動させないと、もったいない。

 3月31日から現在の「めざましテレビ」に出演している。深夜から朝への突然の配置転換だった。

 高島 番組始めてから、びっくりするくらい友達が減りました。さらに夜、お酒を飲まなくなりましたね。でも、いまはひとりイタリアンに凝っているんです、実は。お店に行ってシャンパン飲みながら(競馬専門雑誌の)「ギャロップ」を見るんです。もう最高〜! 最近はやっていないですけど、インターネットマージャンも楽しいですよ。全く知らない人同士でやるんです。

 大好きなお酒も、麻雀もいまは回数が減った。しかし文句は言わない。自分が置かれた状況を楽しむすべを知っている。モットーの「ポジティブシンキング」を有言実行中だ。


5キロ増気にせずタヌキでいてくれ〜

 「めざましテレビ」で芸能情報を担当している軽部真一アナウンサー(40)  アナウンス部で1、2を争う酒豪。若いのにとにかく度胸があって、肝が据わっているね。盛り上げ方が上手。オヤジ転がしもうまいよ!。大塚範一さんはもちろん、僕も転がされつつあるかな(笑い)。ただ、豪快な面もあるけど、繊細な部分も持ちあわせているからこそ、アナウンサーとしてのアドリブも、リアクションもうまいんだと思う。天職。最後に、5キロ太ったこと、気にするな。痩せずに、タヌキの高島でいつまでもいてくれ〜。


 ◆竜崎勝(りゅうざき・かつ) 本名・高島史旭(ふみあき)。1940年(昭和15年)3月25日、東京生まれ。法大経済学部卒後、俳優座養成所第15期生に入る。61年「暗黒街の静かな男」で映画初出演。74年「ノストラダムスの大予言」77年「八甲田山」79年「白昼の死角」85年「それぞれの旅立ち」など多数の映画に出演した。84年12月18日、肝硬変のため、44歳で死去。


 ◆高島彩(たかしま・あや) 本名同じ。1979年(昭和54年)2月18日、東京生まれ。小学校から成蹊学園に入学。01年3月成蹊大法学部政治学科卒業後、同年4月フジテレビに入社。入社1年目の10月から、深夜番組「アヤパン」を担当。その後バラエティー番組「昔の恋〜愛した記憶〜」や競馬番組「あしたのG」「スーパー競馬」などに出演。03年3月31日から情報番組「めざましテレビ」で司会を務める。兄の高島郷(27)も俳優で映画「まぐろのしっぽ」「回路」などに出演した。162・8センチ。血液型B。

(取材・平田淳)

前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ