速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ

共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
  nikkansports.com > 芸能TOP > 爆笑ニッカン
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
芸能TOP
シネマ
占い
インタビュー
イベント/チケット
黛まどか
TV全国番組表
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
爆笑ニッカン   |  TOP  |
名曲「金太の大冒険」つボイノリオ

つボイノリオ
Real Player
Media Player

<ローカルでポン!!>

 あの立川流家元・立川談志(69)が「生涯で思い出に残る名曲」と大絶賛! 「コミックソング史上最大! 『金太の大冒険』を作っただけで生まれてきた価値がある」と激賞する名古屋が生んだ隠れたスーパースターが、つボイノリオ(55)だ。

 今から30年近く前、名古屋から東京へ進出したラジオDJがブームを起こした。まだ、深夜テレビのなかった時代、DJがラジオのパーソナリティーを意味していた時代だ。中高生たちは自室でラジオの深夜番組に聞き入って、勉強をしているふりをした。その男、つボイノリオは、ニッポン放送の深夜番組「オールナイトニッポン」を2年で降板。東京から撤退した。同時期に「オールナイト−」のDJを務めていたのはタモリ、所ジョージ、松山千春、南こうせつ、笑福亭鶴光…今も芸能界で大きく輝いている。つボイは今、地元・名古屋に戻っている。そして、かつてと同じように人気DJとして活躍している。

 つボイの名前を知らない世代でも、カラオケで歌われるコミックソング「金太の大冒険」は耳にしたことがあるかもしれない。サッカー日本代表MF稲本潤一、女優・天海祐希が十八番とする言葉遊びの極地の名曲は1996年年に復活した。だが、元々は75年につボイが発売。もちろん、作詞・作曲担当。そして20日で放送禁止になった。

◆動画
 立川談志の話 「つボイノリオとね、会ったことないんだよ、たしか、おれ。だけど『金太の大冒険』、コミックソング史上最大のあれを作ったというだけで、生まれてきた価値あるよ、あいつ。最初はね、浅草の『関根』っていうシュウマイ屋で聞いた。なんか、有線ていうの!? がく然として、ショックで、すぐ買ってきた。うちの小学生の娘に聞かしたら、ひっくり返ってた。学校へ持って行って聞かしたら、ウケたらしいよ。先生に怒られたかは知らないけど。あれはすごいよな。ただね『吉田松陰−』とか、ほかのはダメ。『金太−』だけ。『金太−』は特別だ。キンタマってのは特別だろ? 落語にも『金玉医者』っていうのがあるけどね。ただ一言、♪キンタマ顔に付く(金太、マカオに着く)、臭そうってのはダメッ! ♪顔に付く、いや〜んって言うべきだった」

 歌の内容は、主人公の金太が、お姫様に出会うことから始まる。

 ♪ある日金太が歩いていると〜

 「金太、守って。金太、守って。キンタマ、持って〜」

 この調子で、延々11番まで続いて行く。「金太、負けが多い」「金太、負けるな」「金太、回った」「金太、またたいた」「金太、マスカット、ナイフで切る」「ネェー金太、まだ」「金太、マカオに着く」「金太、ましなビル」「金太、待つ、神田」

 この究極のコミックソングに魅せられたのが立川談志。昨年暮れにゲスト出演した北海道のラジオ番組で「人生の思い出の1曲を」とリクエストを求められ「『金太の大冒険』。キンタマって、堂々と言うのがいいよな」。談志師匠に逆らえる人間などいない。当然のごとく、11番までフルコーラスオンエアされた。

 「談志師匠はですね、私の『金太の大冒険』を、ご自分の100選に入れてくれたんですよ。ありがたいですね。デビュー曲の『本願寺ぶるーす』が、宗教のことを歌ってるからと放送禁止。で、『金太の大冒険』は、岐阜の放送局のDJで毎週流して大好評。だけど、全国発売してたった20日で放送禁止。やっぱり全国レベルじゃ、ダメだったんですね。森進一さんの『襟裳岬』とか書いた岡本おさみさんが『レコード倫理審査会が、曲を選別するのはおかしい』と言い出してね。岡本さんが、主催した放送禁止のコンサートには、アルフィーとかも出てましたね。アルフィーなんてロックやってるけど、コミックソングやってたんですよ。それを捨てて、文句言いたいですね。大滝詠一さんも、コミックソングやってたのにねぇ(笑い)」。

 その後、出した「極め付け!! お万のお方」は、なんと6日で放送禁止。

 「お万、こける」「お万、小枝に引っ掛かる」「お万、小鹿に触る」「お万、古墳だよ」「お万、壊れているよ」「お万、こまわり書く」「お万、小判、番する」

 当たり前と言えば、当たり前のような気もするが…。ちなみに名古屋地方は、関東と同じ名称だそうだ。

 「『怪傑黒頭巾』では、間奏の語りの部分でエッチな言葉入れたんですよ。で、歌詞カードに乗せなかった。そしたら、放送禁止にならない。レコ倫の人たちも、ちゃんと曲を聴いて審議したわけじゃないんですよ。で、いい気になってラジオでかけていたら、放送禁止になっちゃった(笑い)。いい加減ですよ。あのピンクレディーの『SOS』だって放送禁止になった。曲の頭にSOSのモールス信号の音が入っていたからなんです。現場のディレクターやリスナーから支持されてるものを、歌詞カードしか見ない人間が審査するなんてふそんですよ」。

 「オールナイト−」のDJを務めていた78年9月に発売した「花のDJ稼業」は、自らをモデルに浮き草稼業の実態を歌った。

 ♪き〜み〜は随分〜 稼〜ぐね〜〜と〜 で始まり、♪堅気の衆よ 驚くな〜 放送ギャラの この安さ〜 サラリ〜マン〜やってりゃ 良かったな〜 とさびで訴える。

 79年3月。2年間続いた「オールナイト−」が終了した。それから3年、NHKの人形劇「プリンプリン物語」で、花のアナウンサー役の声を担当した。気が付くと、東京の芸能界から消えていた。

 「東京には2年いました。『オールナイト−』はオーディション受けて、はねられたんですよ。でも、事務所がアリス、ばんばん、岸田智史とか持ってるところだったんで、すぐに『オールナイト−』の話が来た。で、体を壊して事務所やめた途端になくなった(笑い)。ハードだった。タモリとかたけしとか感心してた。良く、体持つなって。あれの3分の2くらいの忙しさだったけど、ダメだった。名古屋の仕事と掛け持ちだったしね。読者から来るはがきに全部目を通して、自分で構成考えてたから。本当は構成作家に任せればいいんだけど、名古屋の番組じゃ全部自分。移動の新幹線は、はがき整理じゃなくて、眠らなきゃいけなかったんだ(笑い)。東京は、僕にとって勘違いだった」。

 東京撤退後、京都に11年。そして、名古屋に戻った。現在、“DJ”を務めるCBCラジオの3時間の生ワイド「つボイノリオの聞けば聞くほど」(月〜金曜午前9時)は丸11年たち、12年目に突入した。

 「今、1日に500通のメールやはがきが来る。これは500人の構成作家を雇っているのと同じことなんです。どんな優秀な構成作家でも、500人の情報にはかなわない。『金太の大冒険』を96年に、再発売してくれたレコードディレクターも、元々は僕のリスナー。いつか自分でレコードを作れるようになったら『金太の大冒険』を再び世に出すんだと思っててくれた。僕は、いつもリスナーに支えられて来たんです」

 現在、55歳。つボイの世代が、サラリーマンになった時には定年とされていた年齢だ。時代は高齢化社会。定年は60歳、そしてさらに延長される傾向にある。だが、年を取ってもリタイアできず、働き続けなければいけないのが現実だ。♪サラリ〜マン〜やってりゃ 良かったな〜 と歌ってたつボイは今も「花のDJ稼業」を楽しんでいる。

【小谷野俊哉】

◆つボイノリオ
 1949年4月18日、愛知県一宮市生まれ。愛知大学法学部卒。在学中にCBCラジオの深夜番組に飛び入り出演、「本願寺ぶるーす」を歌ったのがデビューのきっかけ。70年、「本願寺ぶるーす」でデビューも放送禁止に。75年「金太の大冒険」、76年「怪傑黒頭巾」「極付け!!お万の方」を発売も、いずれも放送禁止に。名古屋でDJとして活躍して、77年からニッポン放送の深夜番組「オールナイトニッポン」。日本テレビ「おはよう子どもショー」、日本テレビ「プリンプリン物語」などで全国区に。87年、KBS京都「つボイノリオのおはようアドベンチャー」。94年、CBCラジオ「つボイノリオの聞けば聞くほど」スタート。96年「金太の大冒険」シングルと、数々の放送禁止曲を収録したアルバム「あっ超ー×つボイノリオ」が発売された。家族は妻と2男。血液型O。

 
前のページへ戻る このページの先頭へ
 
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ