nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 芸能TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
芸能TOP
音楽ダウンロード
シネマ
占い−0学占星術
インタビュー
イベント/チケット
黛まどか
TV全国番組表
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
芸能タイトル  

静香金の舞で「金芽米」倍!

 荒川静香が出演中のCM「金芽米(きんめまい)」を販売するトーヨーライスが2月の売り上げ目標を100トンも上方修正することが24日、分かった。荒川には帰国後、金芽米1年分=1俵(約60キロ)を贈呈する予定で、まさに荒川さまさまだ。

 04年に設立したばかりの同社はこの日、問い合わせや取材の電話が鳴りっぱなしで、社員20人は昼食抜きで対応に追われた。1月中旬から首都圏を中心に金芽米の販売を始め、荒川のCMで知名度がぐんぐんアップ。1月は300トンの売り上げ目標をクリア、2月の目標400トンも500トンに上方修正する。同社関係者は「金メダル効果で3月はもっと売り上げが伸びるかも」とドキドキしている。

 同社が日本オリンピック委員会(JOC)とオフィシャルパートナー契約を結んだのは昨年。荒川のCM出演が決まったのは同9月で、まだフィギュアスケート代表は決まっていなかった。それでも、企画部梅沢政久さんは「荒川さんの安定感、知名度にかけた」という。協賛金は4年で3億円、CM制作に約7000万円かかったが「効果は十分、タイミング、インパクトも最高」(同社)と費用対効果は計り知れなかった。

 CMは3月いっぱいまで「おめでとう」とテロップを入れた金メダルバージョンを放送。店頭キャンペーンなども検討するという。日本スケート連盟は実際に345キロの金芽米をトリノに持ち込み、その後、40キロを追加。計385キロの米が選手らに届けられた。荒川にとっても、文字通り金の芽になったようだ。

[2006/2/25/07:27 紙面から]


【関連情報】
最新映画の予告編公開中!シネマページへ
にっかんゴールデン試写会
●クォン・サンウ グッズ販売中! ニッカン・ショッピング
日刊スポーツバックナンバーの申込みはこちら
携帯で映像NEWS!「朝日モバイルステーション」

 最新ニュース 記事バックナンバー 

 ブログ&コラム  
  • 【早川愛〜アクセサリー日記】撮影ちゅ☆ [25日19:05]
  • 【黛まどか】マンマ・ミーア! [22日10:35]
  • 【はあちゅうのみーはー主義。】気を入れてきました! [17日23:32]


  • click here!


    ニッカン芸能!への簡単アクセス方法

    ケータイで芸能情報!
    QRコード
    i-mode、Ezweb、Vodafone live!に対応
    詳しくはこちら
    携帯にURLを送信:
    ※上記の入力フォームにメールアドレスをご入力ください。
    ※ドメイン指定受信を設定されている方は「nikkansports.co.jp」を受信可能に設定してください。
    前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.