速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  あなたの隣の感染症
 

【第48回】

海外では発症例…安心できない輸入動物

あなたの隣の感染症

人畜共通感染症 狂犬病

 マンションでマルチーズ3匹を飼っている主婦A子(60)さんは「ウチのワンチャンはお部屋の中だけで飼うので、注射なんていりません」と狂犬病予防接種を受けたことがない。これに対し、感染症に詳しい千葉県鎌ケ谷市の獣医師伊東彰仁氏は「飼い主はぜひ予防接種を」と勧める。

 日本では狂犬病予防接種率は推定4割程度しかない。現在、国内に発生がないとはいえ、1度侵入すると、まん延の可能性のある深刻な病気だ。もし狂犬病のウイルスがかまれた傷口から侵入すると、人間、犬、猫などすべてのほ乳類が感染し、発症すると100%死亡する。

 人の場合の症状は、初期には風邪をひいたような感じや、かまれた部位の痛みやかゆみに始まる。次第に不安感が強くなり、水を飲むのを怖がるようになる。そして運動過多、錯乱、幻覚、攻撃性などの症状が表れ、やがて麻ひ、こん睡を起こす。発症すれば治療法はなく死を待つのみとなる。潜伏期間は1〜3カ月が多いが、1年以上のケースもあり、最長で7年という記録もある。

 日本では狂犬病は57年から発生例がなく、日本で生まれ育った動物にかまれても心配はないとされている。しかし、輸入動物や海外の動物に関しては安心できない。昨年12月に南米のボリビアで、ペルーから輸入されたハムスターから狂犬病が発見されているし、欧米では野生のコウモリにかまれて発症した例もある。

 「海外ではむやみに動物に触れないこと。またその国が狂犬病の発生国の場合は、出国前に狂犬病のワクチンを数回接種しましょう」と伊東医師。

 犬は飼い主が年に1回責任を持って狂犬病の予防接種を行おう。国内でも、もし動物にかまれたり、ひっかかれたりしたら、すぐに水と石けんで傷口を十分に洗って、医師の診察を受けよう。特に輸入動物などにかまれた時には、念のためすぐ受診をした方がいい。人間の場合、かまれた直後の狂犬病ワクチン接種と、その後90日間に計6回の接種で発症が予防できる。

【ジャーナリスト 月崎時央】

狂犬病の流行地

 アフリカ、アジア、中南米のほとんどの地域。米国大陸、欧州にも存在する。海外渡航者のための感染症情報HP=http://www.forth.go.jp/
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ