速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第101回】

リンパ節の切除はより小さく

この病気にこの名医

乳がん(下)

 乳がんも、早期に発見すると“体にやさしい治療”が受けられる。乳房のがん部分と脇の下のリンパ節を切除するだけの「乳房温存療法」である。

 さらに、リンパ節の切除をより小さくするための「センチネルリンパ節生検」も行われている。「リンパ節の郭清(かくせい=切除すること)は小さくていいのでは…という考えはかなり前からありました。リンパ節を取ってみると転移のないケースが多かったからです」と、乳がんの専門病院で有名なブレストピアなんば病院(宮崎市)の難波清院長(56)は言う。

 乳がんのリンパ節転移で、最初にたどりつくリンパ節がセンチネルリンパ節である。ほとんどの場合、脇の下のリンパ節である。「センチネルとは、見張り番という意味で、そこを取って調べてがん転移がなければ、その先への転移はないと考え、それ以上の郭清は省略しようということです」。つまり、センチネルリンパ節の切除だけですむのである。

 では、センチネルリンパ節はどのようにして見つけ出すのだろうか−。

 シコリの周囲に青色の色素を4〜5カ所に注入。10分もすると、色素はセンチネルリンパ節に到着する。術者は色素に染まったリンパ節を探し出せばよい。これが「色素注入法」。

 発見法はもうひとつ「アイソトープ注入法」がある。色素の代わりにアイソトープ(ヨードの放射性同位元素)を注入し、ガイガーカウンターでアイソトープの集まったセンチネルリンパ節を見つける。

 この方法を取り入れて、切除がセンチネルリンパ節だけであれば、脇の下のリンパ節切除後のリンパ液を出す管(ドレーン)はいらない。また、多少なりともあった「腕が腫れる」「腕があがりにくい」といった合併症にも悩まされることはなくなる。

 ▼リンパ節郭清の合併症 脇の下のリンパ管を郭清すると「腕がむくむ」「腕があがりにくい」といった合併症がある。が、これは本来2〜3カ月程度で消える、あくまで一時的なものが多く、手術の加減や放射線照射などによるものである。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆乳がんの名医◆

 ▽三井記念病院(東京都千代田区)乳腺内分泌外科・西常博部長
 ▽国立がんセンター中央病院(東京都中央区)乳腺外科・福富隆志医長、明石定子医員
 ▽東京共済病院(東京都目黒区)乳腺・内分泌科・馬場紀行部長
 ▽JR東京総合病院(東京都渋谷区)乳腺・内分泌外科・川端英孝医長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ