速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第114回】

注目集める「脊髄刺激療法」

この病気にこの名医

慢性難治性疼痛

 “痛み”は外傷や病気のサイン。このとき、痛みは原因となっている部位から末梢(まっしょう)神経、背骨のところを走っている脊髄(せきずい)を経由して脳の中心である視床、大脳皮質に至って痛い≠ニ感じている。

 この場合、痛みを発生している原因を取り除いてしまうと、痛みから解消されてしまう。

 ところが、原因を取り除いても、また、原因がないのに痛みが続いて、その痛みにひたすら苦しめられるケースがある。

 「慢性難治性疼痛といいます。簡単にいいますと、治療をしても治らない慢性的痛みで、反射性交感神経性萎縮症(RSD、またはCRPS−1の一部)などが含まれます」と、痛み治療を専門とする埼玉医科大学病院(埼玉県毛呂山町)麻酔科の相田純久助教授(59)は言う。それには−。

 「特に何らかの形で神経が損傷を受けた後、損傷が治ったにもかかわらず強い痛みの残っているのを『神経因性疼痛』といいます」。

 具体的には、外傷、脳卒中や手術での神経損傷後の疼痛、がん性疼痛、幻視痛など数多い。

 このような痛みを診断・治療するのがペインクリニック。治療としては、すっかり有名になった神経ブロックがある。

 「痛みは信号として神経を伝わって脳に行きますので、その道筋で、神経を麻酔薬でブロックし、痛みを伝わらなくしてしまうのが神経ブロックです」。

 もちろん、神経ブロックはペインクリニックの主体となる治療方法。このほかに、薬物療法、漢方、鍼灸、理学物理療法、温泉療法、心理療法などが行われている。

 それらの治療法をもってしても痛みをコントロールできないケースもある。そこに、今「脊髄刺激療法」が加わり、注目を集めている。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆脊髄刺激療法の名医◆

 ▽札幌医科大学付属病院(札幌市中央区)麻酔科並木昭義教授
 ▽埼玉医科大学病院(埼玉県毛呂山町)麻酔科相田純久助教授
 ▽帝京大学医学部付属市原病院(千葉県市原市)ペインセンター高橋秀則助教授
 ▽NTT東日本関東病院(品川区東五反田)ペインクリニック科大瀬戸清茂部長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ