速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【最終回】

体外受精で年間1万3000人誕生

この病気にこの名医

不妊症(下)

 不妊治療の最先端は、やはり体外受精、顕微授精。今日までの体外受精での累計出生児数は8万5000人を超え、今では年間1万3000人以上誕生している。ここまで増えてきた体外受精は、夫婦の精子と卵子を採取することから始まる。通常、1回の排卵時に成熟する卵子は1個から数個。効率を考えて排卵誘発剤で複数の卵子を成熟させて採卵する。それを特殊培養液で成熟させ、培養器の中で(体外で)受精させて4〜8分割した時点で子宮内に戻す。あとは受精卵が確実に子宮に着床し、妊娠するのを待つ。

 もちろん、残った受精卵は無駄にはしない。「凍結保存し、1回で妊娠しなかったときは、2回目からは凍結保存しておいた受精卵を使うのです」と、西川婦人科内科クリニック(大阪市中央区)の西川潔名誉院長は言う。日本の不妊治療のリーダーの1人として「不妊治療の基本は、不妊の原因を調べてそれを治して自然妊娠することです。そして、体外受精も1つの選択肢と考えて私のクリニックでは行っています」と。

 世の中の風潮として体に傷をつけることなく赤ちゃんを抱きたい、と体外受精に走る母親予備軍は多い。その体外受精の究極の方法として行われているのが「顕微授精」。「顕微鏡下で受精させるものです。精子が少ない場合や受精障害のあるときに行われます。採取した精子の中から良好精子1個を髪の毛の先ほどの細いガラス管で卵子1個に注入、培養器の中で培養し、受精の結果を待ちます。受精に成功すると子宮に戻します」。

 まさにミクロの仕事。受精卵を孵化(ふか)しやすくするめに「アシステッド・ハッチング」や「胚盤胞移植」も行われている。「胚盤胞移植は受精後通常3日で注入する受精卵を、5〜6日まで培養して子宮に戻す技術です。着床率が良く、また、多胎予防というメリットがあります」。だが、体外受精の費用が年間平均約45万円と高い。それを少子化を食い止める一助とすべく04年から国と都道府県が治療費の一部「年間10万円を限度に通算2年間支給」を負担している。

 不妊原因が男性にあるときや、精子と子宮頸管粘液が適合せず自然妊娠が不可能なときには、精子を人工的に注入して妊娠させる。これが人工授精で、配偶者間人工授精と非配偶者間人工授精の2つの方法があり、非配偶者間人工授精は登録施設の二十数カ所で行われている。(おわり)

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆不妊症の名医◆

 ▽西川婦人科内科クリニック(大阪市中央区)西川潔名誉院長、西川吉伸院長
 ▽広島HARTクリニック(広島市中区)高橋克彦院長
 ▽蔵本ウィメンズクリニック(福岡市博多区)蔵本武志院長
 ▽セント・ルカ産婦人科(大分市)宇都宮隆史院長
 ▽儀間クリニック(沖縄県西原町)儀間裕典院長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ