速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第73回】

ポリープ直径6ミリ以上で切除

この病気にこの名医

大腸がん(内視鏡)(上)

 がん死亡者数で最も多いのが肺がん、次いで胃がん、そして第3位が大腸がんである。03年は3万8909人で食生活の欧米化に伴って増加しており、2015年ごろには胃がんを抜くと推測されている。

 それだけに、集団検診や人間ドックで大腸がんの検査を受ける人は非常に多い。そこで発見されるのが大腸ポリープや大腸がん。ポリープは粘膜面に盛り上がった病変の総称である。「大腸ポリープは多くの人にできます。30代では15%、40代では30%、50代以上では50%の方々から大腸ポリープが発見されます」というのは、内視鏡での検査・治療に定評ある田坂記念クリニック(東京・渋谷区)の佐竹儀治院長(65=昭和大学医学部客員教授)。

 大腸ポリープは「腫瘍(しゅよう)」と「非腫瘍」に分類され、その80%が腫瘍性ポリープである。非腫瘍はがんとは全く無関係で、加齢に伴ってできるシミと同じようにできてくる過形成性ポリープなど。「成長しません。あまり大きくなりませんので切除したりしないのが常識です」。

 さらに腫瘍は「腺腫」と「がん」に分けられ、腺腫が80%を占めている。がんは当然悪性だが、腺腫は良性。「ただし、過形成性ポリープのように切除しないわけにはいきません。腺腫は良性でもがん化する可能性があるから切除します。大腸ポリープは直径5ミリ以下では0・1%しかがん化の可能性はありません。が、大きくなるに従って、その可能性は高くなります」。

 直径が6〜10ミリになると3%、11〜20ミリで20%、21ミリを超えると30%となる。「小さいと次の検査まで様子をみますが、6ミリ以上では、リスク面からもほっておくわけにはいかないので、切除することになります」。ポリープをきれいにに切除した人は、2年に1回は内視鏡検査を−。予防にはそれが最も効果的だからである。

 ▼非腫瘍性ポリープ 加齢に伴ってできる過形成性ポリープのほかに、子供に多くみられる若年性ポリープ、腫瘍ができたあとにできる炎症性ポリープがある。これらはいずれも非腫瘍性なので、がんの心配は無用。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆大腸がん(内視鏡)の名医◆

 ▽旭川医科大学付属病院(北海道旭川市)第3内科・斎藤裕輔助教授
 ▽恵佑会札幌病院(札幌市白石区)消化器内科・塚越洋元副院長
 ▽秋田赤十字病院(秋田市)消化器科・山野泰穂部長
 ▽金上病院(宮城県角田市)・安藤正夫副院長
 ▽亀田総合病院付属幕張クリニック(千葉市美浜区)亀田検診センター・光島徹センター長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ